こんなことから?!気を付けたいご近所トラブル

賃貸でも挨拶をした方が無難

引越し先が賃貸物件ですと、特に入居の挨拶をしないという人もいますよね。でも時にはそれがトラブルの元になってしまうこともあるのです。
一時的な住まいとして利用することもある賃貸ですから、挨拶は不要と思ってしまうこともあるものですが、でも世の中にはそれを良しとしない人もいるのです。挨拶に来なかったからと嫌がらせをする事例もありますから、基本的には行っておいた方が無難と言えるでしょう。
ただ、女性の一人暮らしなどで行きにくいということもあるはずです。そういった時には無理にせずとも良いですし、不動産会社からもそのようにアドバイスをされることがあります。もし、一応は挨拶をしておきたい時には、一人で行かず家族や彼氏などと一緒に行くのが良いでしょう。あるいは単身者用の挨拶が不要な傾向があるところを選ぶのもおすすめです。

歩き方一つでトラブルになることも

騒音トラブルは賃貸における代表的な存在ですが、意識せすに出している音が時には騒音に捉えられてしまうこともあります。特に注意したいのが歩き方です。自分では何気なく歩いているつもりでも、階下にはドスドスと響いていることが珍しくないです。そして音を出している側はそのことに気付いていないことも少なくありません。音によるトラブルは、時に大きなもめ事の原因になってしまうことがありますから注意した方が良いでしょう。
あまり生活音に自信がないという時には、防音性の良い物件を選ぶのが無難です。そして音が心配な時には鉄筋鉄骨のマンションが適しています。木造や鉄骨の物件と比べると、比較的音が漏れにくい構造ですから、そこまで神経質にならずに暮らせるはずです。