年間を通じた札幌の暮らし方とは?

夏は短いものと想定されている

札幌に暮らす際、夏場の快適さは他の地域では味わえないと思います。もちろん30度を超える日もありますが、夜には涼しくなることが多いですし、湿気もほとんどありません。
ですので、エアコンが付いていない賃貸物件も多く、立派で比較的家賃の高い物件であっても必ずエアコンが付いているとは思わない方が良いでしょう。窓を少し開けるだけで快適に眠ることが出来ますので、それほど必要なものではないのです。
ただし、暑さを想定せず冬に重きを置いた造りになっている建物が多いので、暑い日にはどのようにして対策を施すのかを最初から考えていた方が良いでしょう。例えば、部屋の対角線上に窓があり風通りが良い物件を選ぶ等ということです。

冬への備えは万全の物件が多い

逆に、冬場への備えが万全の物件は非常に多いと言えるでしょう。積雪が続く時期が長いので、とにかく温かさに重きを置いているのです。ある程度のクラスの物件になりますと、玄関には必ず雪よけのフードが付いていますし、窓はどれほど小さくても二重になっています。また、外から直接出入りする形式の扉は希少だと言って良いでしょう。壁も比較的厚めで寒さを防ぐための構造を備えています。
また、室内の暖房設備も多種多用で、灯油FF式のものもありますし、ガス形式の暖房設備もあります。人気の高いオール電化の物件も他の地域に比べて格段に多いと言えます。自分の生活様式に合わせて選ぶことが出来るのも札幌の物件の良いところでしょう。